肺気腫 銀座クラブのM嬢 越中島 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

東大系、三井記念病院に肺気腫で九月入院。主治医から、制癌剤六クールの治療方針で治療開始。最初から激しい咳嗽、呼吸困難。お医者さんから
「これ以上治療できない。」と云われました。
病院で治療出来ず、九月自 宅静養に変更しました。
十二月十日、以前お世話になった鍼灸院へ治療に出かけました。
先生から「その様な症状は治療したことが無いので。」と
お断わりされましたが。効果の有無に拘らずお願いしました。
通院は往診で週一~三回でお願い。
然し、副作用で一か月余り効果がありませんでした。が
一月十七日頃(12回目)から徐々に効果が現れ始め、二十日頃から効果良好。
時々、マスターやママさんが交替で部屋の掃除や買い物等に訪れて治療効果を見聞されていました。
二月中旬は症状も消失し、三月三十日で最終治療(27日)。
四月五日(日) マスター、ママさんや社員一同、浅草の隅田公園の桜見物
(万歩計:一万歩)。異常ありませんでした。
夜は銀座のクラブで社員全員で快気祝い。

治療費 最初の効果

「」

佐藤鍼灸整体院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です